お弁当思い出ー私のおススメたまご焼きを問いしま〜すー

お弁当を形作り始めて、再びかなりの年月が過ぎました。
当初よりは、副食の品ぞろえは焼き上げるようにはなったものの、定例になりぎみ。
極力初々しい副食を添えると、お弁当を食べたらおもしろい気分になれるので、日毎データベースコレクション、研究してます。リサーチというほどではないかな?(笑)
たまごクッキングは毎日のように入れています。
たまご焼きは、塩気をひとつまみ入れただけシンプルな製品もいいけれど、各種道具を混ぜた製品もうまいだ。
海苔を含めるって黒というイエローの大波が佳麗だ。ハムのピンク色もまた佳麗。
ビン詰のなめ茸は、味わいが濃くなってランチが進みます。
生ワカメを細く切って入れたり、ひじきの煮物が残っている時は、それも入れてみたり。
海藻も一緒に召し上がることができて、カラダにとっても良いです。
ごぼうって人参のきんぴらの余剰を入れても旨いだ。
最近の隠れ家は「こつぶキュー君」を混ぜる行い。「きゅうりのキュー君漬け」を細く切ったものです。
プチプチした食感がGOOD。
トータル手作りの製品となると、次第に問題ムードが大きくなってくるので、市販の製品も上手く利用して、バラエティに富んだお弁当にしたいなあとしています。
よし、あしたはいかなるお弁当にしようかな?アリシアクリニック vio

ジャンジャン成長する赤ん坊を見ておもう寂しさという嬉しさ

やがてで1年齢8ヶ月になる子どもは、こちら1ヶ月ほどで急激に成長した気がします。
まだ話せないけど、母親やパパはどうしても言ってくれていましたが、最近では断固呼んでくれるようになりました。
ちゃんと種別もしてもらえるてることに感動しました。

さらにやる時は思う存分人差し指を考えるし、眠い時は形相を傾けて耳の脇に両手根を合わせて交わる真似をしてみせて貰える。
ジェスチャーが上手になったので、何をしたいのか何が言いたいのかがわかるようになりました。
なので、前よりも話し合いが取り去れてるので嬉しいです。

今まではめしはいまひとつ食べないお子さんだったけど、同時に摂るかさが目立ち、今まで食べなかった餃子や春巻きも自分から食べてくれるようになりました。
いまだにては使いますが、以前よりもこぼさなくなったのは著しい発育だと感じてます。

引き続き今のままでいてほしいという気分が激しいけど、やはり子どもの発育は本当に嬉しいです。お金 かりる