ようやく偽とわかるようになって理解も出来たのでは

先日、「独身の日」にネット通販の総売上が発表されましたが日本円で約5兆円が売り上げたと言うがこれは中国本土だけでこれだけ購入した人がいる事で大手のネット通販の勢力もあると感じられたと言うがこの様な事で便乗する人もいる。

特に日本でもおなじみの事をしているが「偽商品」ですが既に通販でも取り扱っていまして承諾はしていると言う事になる。

ところがこれを購入した人から苦情や抗議の電話をする人がいる事で後が絶たないと言う事もあってか通販会社も遂に偽物を摘発するの課を立ち上げたが中国は偽物を作ることが多くいろんな所で売っているが日本でもこうした商品を売っていた。

これは会社だけではなく警察も協力をして偽物を取り扱っている会社などを摘発して逮捕などしているので効果的になった。

特に偽物を作っている商品が「衣類」でメーカーのコピーを製作して売っている事がありますがスポーツウェアも会社名をもじって売る事もあると言うが日本製品でも同じようにしている所もあるらしい。

また、家電でも同じようにしていますがほとんどが動かない事から偽物とわかるようにしているのでこれも摘発されたと言う。

このようにして偽商品の壊滅をしているがこれが捜査の対象になるまでは中国国内でコピーを商品を作っていまして日本やアフリカなど輸出していたと思われていたがネット通販会社と警察が共同して偽装商品を摘発するようになってかここでは生産はできないと言う事もあって東南アジア諸国にこうしたコピーを製作をしている。

中国人も本当の商品を求めてネット通販で購入する事で本物がわかってきた事で今のありがたみを感じるようになったかもしれないのです。