カタバミやオオバコなどの植物の地点について

花のタイミングについて教育しました。カタバミ(近隣食)は、カタバミ科で別名スイモノグサ(酸い雑貨草)とよばれるように、シュウ酸を含んでいて口にするとすっぱい味わいが決める。葉、花共に明るいと変わり、暗くなると閉じます(快眠実践)。種子は遠くへ飛びます。オオバコ(大葉乳幼児)は、オオバコ科で道ばたなど人のふみつけの多い所に生えます。5〜9月にたくさんの白い花が長い穂の部下からあとへとさいていきます。また、めしべが素早くおしべが遅く熟します。種子は奴などについて運ばれます。次はキクのクラブについてだ。キクのクラブはノゲシ、ハルジオン、ハハコグサ、エゾタンポポ、カンサイタンポポなどがあります。次は、マメのクラブについてだ。マメのクラブはレンゲソウ、カスマグサ、ミヤコグサ、カラスノエンドウなどがあります。次はナズナのクラブについてだ。ナズナのクラブは、イヌナズナ、マメグンバイナズナ、イヌガラシ、タネツケバナなどがあります。勉強して良かったです。

事業をやめてしまった傍を心配しています。

女近所という久しぶりにお茶を通してきました。
やっぱりまぶたが後ばっかり向いているし、押しなべて何も話さないし、本音もかすれて小さいし、
少し尋常じゃない姿勢でした。
あまりにもからきしな動きなので、どうしたら嬉しいだろうと思いつつ、程要点のない話をしていたら、
その日の帰りぎわにやっとぽそっと、「不可欠やめた」といった、話し掛けられたのです。

女房は冒頭、食事講義のお手伝いをしながら、自分も講義を持つことを目標にしていました。
も、お手伝いに全体お給料が出ないことや、開業の声明を伸ばされ続けたため、
段々講義に不安を持つようになり、その講義を止めるようにやめたんだそうです。
ですから「不可欠」とは言っても、本業にするつもりだったと言っても、
2層ほどお無給で騙され続けていたゴールから、漸く逃げ出せた、についてのようです。
なんでさらに早く相談してくれなかったんだろうとして胸中が痛みました。
兼職していたパートタイマーで、今はやりくりを立てているようですが、大いに心配です。