宇宙の端っこについて考えた人はどれくらいいるんでしょう?

宇宙の端っこについて考えて眠れなくなったという風に言いますが、それってそんなにメジャーなんでしょうか?

正直なところ、確かに夜寝る前…というより夜は色々な事を考えたり、普段とは違う考え方をする時間だとは思います。

でも宇宙についてって一般の人はそこまで深く考えたりするんですかね?

たぶん言われているほど宇宙について考える事はないんじゃないかと思います。

もちろん宇宙が好きな人は別ですけどね。

しかし気が遠くなるような事を考えると寝やすい…というような事はあるのかもしれませんね。

もしかしたら気が遠い感覚を脳が眠いと錯覚するという事もあるかもしれません。

ところで宇宙の端っこはどうなっているんでしょう。

宇宙はとんでもない速度で膨張しているとは言いますが、それは計算上とかの話であって当然誰も見た事はない訳ですよね。

それに恐らく細かい事は計算でも弾き出せていないと思いますし…まぁ家の端っこと全く違うんだろうとは思いますが。

宇宙ってどんな形でどれくらい広いんでしょうか…キレイモ 脱毛 顔

カーディーラーさんの店頭に並んだいろんな種類の車から開発技術の素晴らしさを感じます

それにしても自動車メーカーさんの開発力には頭の下がる思いがします。
各社とも技術力の競争で現在の車の種類は膨大な数となっています。
乗用車といっても軽自動車から普通自動車までそのモデルの多さには驚きます。
コンパクトカーにスポーツカーそれに3列シートのSUVといわれる車までその種類は実に豊富です。
私の行きつけのカーディーラーではこれらのモデルの車種が店頭に並べられており車好きの私には目の保養にさせて貰っています。
現在私はコンパクトカーを愛車として使用しています。
街中を走行するのに狭い路地などの走行にとても便利だからです。
若いころは排気量の大きな車に乗ることが楽しみで遠方までドライブを楽しんだものでした。
遠距離をドライブするには大きな車体の車の方が体に感じる疲労も少ないと思ったからです。
そのころは年間の走行距離は25,000Km位は走っていたと思います。
広島から東京を2日間で往復したこともありました。
70才を越えた現在ではとてもそのようなことは出来ませんが、当時はそんな無理をした後でも翌日は会社へ出勤していたものでした。
確かにいろんなメーカーさんの車にはそれぞれメーカーさんの特徴があり、いろんなメーカーさんの車でこれまでいろいろと楽しませて頂きました。
これからも各メーカーさんで技術とアイディアの競争されて私たちの目を楽しませてもらえる自慢の車を開発して頂きたいと思います。海宝の力 ドラッグストア