一般信用の空売りを使えば無リスクで株主優待がもらえる

一般信用の空売りを使えば無リスクで株主優待がもらえるので、それ専門に行なっている人もいます。そのような人というのは兎に角「無リスク」であること第一主義なのでIPOの初値売り、立会外分売の寄り付き売り、OPなどばかり行ないます。このような投資方法でも多少はもうかるのでこのような方法を行なっているのだと思います。
私の投資法はこのような投資方法ではなく上げ相場の時はオーソドックスなピラミッテングを行ない、下げ相場の時は逆張り行ないます。
普通の投資でもうけることのできる私から見ると、株主優待クロスを行なってその優待券を売るという行為をするくらいならば「普通に株式売買を行なえばいいのになあ。」と思ってしまいます。しかし、数学ができる人ができない人に向かって、「数学を勉強したほうがいいよ。」と言っても、できない人は自分からは勉強しないでしょうから、私は株主優待クロス専門の人に対してあえて何も言わないことにしています。ミュゼ 全身脱毛

おすし屋さんの「時価」という値段の表現の難しい

ものの値段は日々刻々と変化しています。しかし、毎日の仕入れ値が違うにもかかわらず、多くの飲食店では常に一定の値段で食事を提供しています。もちろん中には食事の値段は「時価」とだけ書いてあるお店もあるようですが、そのようなお店はおすし屋さんくらいなものです。
金券ショップによる株主優待券の買い取り価格も本当は時価にも関わらず、お店では毎日買い取り価格は発表しています。
ですから、おすし屋なのでもメニューに「時価」といういくらか分からないブラックボックスのようなことを記載するのではなく、毎日の仕入れでその日の食事をいくらで提供するのかを決めてて値段を記載すべきだと思います。
そのほうが食事をする人にとって安心して食事ができるのでいいと思います。
それとも、おすし屋さんとは、食事の値段を気にせず食べられる人が来るところなのでしょうか。もし、おすし屋さんがそのような場所ならば、まだ私はお寿司を食べることができる人間ではないのかもしれません。acom 即日